CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 静かな生活/岡井隆 | main | オールザットジャス再び >>
ダイエットは運動1割、食事9割/森拓郎
 text by uematsu

数年前に病気をして、一時期、一気に食事をとることが難しくなった。本来は一日数回、小分けして食べるのがいいのだけれど、仕事をしていると、朝昼晩の食事時間以外に何かを食べる時間はとりにくい。そこで、ついつい、仕事をしながらお菓子などをつまむようになってしまった。

砂糖などの甘い物には、麻薬と同じくらいの常習性がある、という話を聞いたことがあるのだが、まさにそんな状態で目の前に何かあると、ついつい口に放り込む、という習慣が付いてしまったのである。

これではいかん、体重も増えてきたし、なによりも、せっかく健康になったのだからその状態を維持しなければ、という気持ちがムクムクと頭をもたげ始めたところに、この本が書店で目に飛び込んできた。

結論から言うと、この本を読んで、そのまま実行すればOKという内容ではない。というか、ようは食事に気を遣う、ということなのだけれど、レシピなどは最低限しか書かれてはない。でも、身体にいいはずの食事はきっとこれだ、というヒントに満ちているので、読んだ後にはダイエット=減量ではなく、身体を健康にすることなんだ、という確信を得ることができる。

そして、食事にも気を遣わず、ただ、食事の量を減らす、運動してカロリーを消費する、という減量がいかに無謀で馬鹿らしいことなのか、ということをしっかりと理解することができる。それだけでも、自分の気持ちをリセットすることにつながり、有益だった。そして、気持ちのリセットがそのまま自分の生活のリセットにつながるのではないかと思っている。
| 読書 | 16:35 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする