CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ブリューゲル 版画の世界展@bunkamura | main | キッズセーバーのワークショップ >>
サンシャイン・クリーニング
評価:
メーガン・ホーリー
ポニーキャニオン
¥ 3,264
(2010-03-03)

ポスターの写真だけを見て、シングルマザーがハウスクリーニング屋を起こして幸せになる話だと思っていた。そしたら、案の定、その通りの映画だった。ただ、シングルマザーを取り巻く環境がなかなか激しくて、付き合ってる男が現職の刑事だったり、人はいいけどちょっと抜けてる妹がいたり、社会性の欠落した父親がいたり……。
しかも、選んだ仕事が普通の家のクリーニングじゃなく、殺人事件や自殺が起こったあとの現場の清掃。つまり、付き合っていた男からのコネをあてにした起業ってところが、この女のダメンズぶりをしっかりと伝えてくれていて面白い。
映画そのものは子どもをめぐる母親の気持ちであったり、揺れ動く女心であったりを、丁寧に撮っているのだが、いかんせん所々で登場するスプラッタな清掃現場が、多少の「いい話」では払拭しきれないイメージを植え付けるので、なかなか本筋の「いい話」に集中しにくい。だからって、裏社会につながるほどのダーティーな描写があるわけではなく、そういう意味では中途半端な世界な底辺の世界を繰り広げてしまった感が否めない。
| 映画 | 08:42 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする